宮前「香害」アンケート報告

2018年12月30日 21時56分 | カテゴリー: 活動報告

 家庭で使用する洗剤や柔軟仕上げ剤、消臭剤などの「強い香り」に不快感や体調不良を訴える人が増えています。この実態を明らかにするために、宮前ネットでは宮前区内で320人、東日本大震災復興支援まつりの会場で81人、計401人の方に「香害」のアンケート調査を実施しました。「香り」について不快な思いをしたことがある人は88%にものぼり、子供の給食エプロン、エレベーターや電車内、職場、隣のベランダからという声が多く寄せられました。また妊娠中やつわりの時には特につらかったという声もありました。「香り」で体調を崩したことがある人は22%、主に頭痛や吐き気の症状でした。「香り」の成分について知りたい人は65%、「香り」について不安がある、やや不安がある人は87%にもなりました。

 香りの成分が表示されていない現状では、香りを選ぶことも体調不良の原因を究明することもできません。強い香りは科学物質過敏症を引き起こす原因の一つとも言われています。引き続きアンケートにご協力をお願いします。成分表示の徹底を求めて活動していきます。

 

 

 

 

 

成分表示の徹底を求めて引き続き活動を続けていきます。