香料の成分表示を求める院内集会に参加しました。

2018年12月31日 00時35分 | カテゴリー: 活動報告

 12月14日、「柔軟仕上げ剤など、家庭用品に含まれる香料の成分表示等を求める要望」に衆議院第一議員会館に行ってきました。子どもの未来を考える市民の会(構成団体:生活クラブ生活協同組合北海道、NPO法人北海道ワーカーズ・コレクティブ連絡協議会、市民ネットワーク北海道、)が全国から集めた署名30,057筆を添えて、内閣総理大臣、文部科学大臣、厚生労働大臣、経済産業大臣、内閣府特命担当大臣あてに提出しました。

 大河原まさこ衆議院議員のコーディネートで、厚生労働省、文部科学省、経済産業省、消費者庁の職員と意見交換も行いました。こちらの要望に対して、「香害」は傷病名として認められていない、科学的知見がない、原因が確認できていないから、規制できない、因果関係が明らかになっていないなど、後ろ向きの発言ばかり。現実に健康被害を受けている人がたくさんいるというのに。

 国民の健康を守るべき省庁は国民を見ないで、どこを見ているのでしょう。成分の表示がなければ、何が原因なのかもわかりません。成分表示を求め、健康被害が広がらないように、これからも提案していきます。