「香害」学習会~香りが奪う健康とその原因~

 1月21日、講師に岡田幹治さんを迎え、「香害」の学習会が開催されました。

 2008年に、大手3社から「香りつき柔軟剤」が、そして2012年には「香りつけ専用剤」が登場し、香りが強く、長持ちする商品が投入されました。加えて「ニオイ気にしすぎ社会」になり、制汗剤や消臭・芳香剤などが多用されるようになりました。

 あらゆる所に香りが漂う社会になるにつれ、国民生活センターには相談が急増したことから業界団体に要望し、日本石鹸洗剤工業会と各社は周辺への配慮と適正量の使用を呼びかけました。関係官庁は化学的知見が不足している、香料は国際機関で評価済みとして対策は不要としています。しかし、香りの成分で健康被害を受ける人が増えており、吐き気、頭痛、喘息、香料アレルギー、シックハウス症候群など、「香害」は広がっています。

 「香料」はブラックボックスで、3000を超す物質(成分)があり、ほとんどが「天然の香りに似せた合成香料」で複数の物質をブレンドした調合香料(混合物)として使用され、個々の物質名は非表示です。国際香粧品香料協会の自主規制はお手盛りで問題だらけとの指摘もあります。香料には喘息を誘発、悪化させたり、アレルゲン、ホルモン攪乱作用、発がん性を持つものがあるとの調査もあります。

 いつ香りの「被害者」になるかもしれず、すでに「加害者」になっているかもしれないと岡田さんは言います。そうならないために、私たちは生活を変える必要があります。有害成分を出すもの(合成洗剤、柔軟剤、消臭除菌スプレー、制汗剤など)は使わない、こまめな換気をする、特に胎児は感受性がとても強い、子ども(特に新生児・乳幼児)は脆弱なので注意が必要とのこと。規則正しい生活をし抵抗力をつける、免疫力を高める食事をとることも大切です。また、香りが健康に有害であることを周知徹底し、行政にも実態調査や表示の充実、啓発を求めていくことが必要です。

watanabe.a_1510217のサムネイル 宮前ネットの渡辺あつ子議員は、昨年12月の川崎市議会で香害について質問しました。啓発を含めた対応を要望したところ、1月には消費者行政センターが注意喚起のポスターを作成したとの報告がありました。まずは教育委員会や公共施設に配布するとのことでした。

 「香害」を広く知ってもらい、まずは無香料のものを選ぶ、消臭除菌スプレーは使わないなど、身近なところから生活を見直していくこと、「香害」による健康被害がこれ以上広がらないように、子どもたちが安心して暮らせる環境を整えるために、地域から提案していきます。