「あったらいいな☆の育て方」-居場所づくりのヒントを学ぶ

10月17日、認定NPO法人こまちぷらすの居場所づくりコーディネーター、多田香菜さんのオンラインセミナー「あったらいいな☆の育て方」に参加しました。

多田さんは、障害のある息子さんを育てていて、家族でまちとつながりたい、安心して自分の気持ちが話せる場所が欲しいとの思いから、地域の居場所カフェ「こまちカフェ」に参加し、そこでのボランティアの活動をもとに居場所づくりの活動をしています。

子育て中のお母さんが子育てのもやもやした気持ちを話せる場所を開き、子どもの障がいや不登校、介護などテーマ別の会での対話の場や、交流会や研修会でやってみたいことを探していく機会を作り、仲間とつながり自分の思っていたことにたどり着ける、自分らしく活動できる出番を作っています。

「あったらいいな」「やってみたい」を一緒に作っていく活動は、結果的には地域の課題とつながり、自分の住むまちを豊かにしていきます。コロナ禍の今、改めて人とのつながりが求められています。地域で多くの人とつながって、豊かに暮らせるまちづくりをこれからも進めていきます。