子どもや若い人のコロナワクチン接種、どうする?

「子どもたち、若い人たち、接種して大丈夫?-コロナワクチンを知って、考えよう」という小平・生活者ネットワーク主催のZoom学習会に参加しました。講師は小児科医・八王子中央診療所理事長の山田真先生。

副反応の情報が少なく、効果も未確定

新型コロナワクチン接種に関する副反応は、自粛しているのか、上から押さえつけられているのか、ほとんどメディアに取り上げられることがなく、ごく一部の週刊誌に取り上げられるくらいで情報がほとんどありません。現在も治験が終了しておらず、人体に及ぼす影響は未知のまま接種が進んでいる状態です。

新型コロナワクチン接種による予防効果は未確定、有効期間も未確定で、重症化の予防効果が少し期待できるかもしれないが、これもデータが少なく断定できず、年齢による差異、人種による差異もよく分かっていません。基礎疾患がある人は主治医に相談するようにと言われていますが、指針はなく、個々の医師が自分で判断して多くの医師が受けた方がいいという対応をしていると言います。実態調査をしていないので分からないのです。

副反応の被害が認定されない?

山田先生はワクチンを考えようという運動をされてきた方です。現在の新型コロナワクチンの状況は、再開の動きのあるHPVワクチンと似ていると話されました。どちらも国産ワクチンではありません。日本はワクチンの薬害を受けて免疫効果を高めるアジュバント(アルミニウム、有機水銀など)を除くようにしてきましたが、外国産はそうではなく、大量生産で強いワクチンが多いと言います。

HPVワクチンでは被害者が多く、寝たきりになるなど社会生活ができなくなるほど酷い状況もあるのに、ワクチン接種では効果にばかり顔を向けて被害者を切り捨てていると話されました。

新型コロナワクチン接種後の死亡者についても、副反応と認められることはなかなかありません。調査中ということもありますが、解剖が少なく原因が分からないのです。そもそも因果関係を証明することは科学的に導き出せないものだ、科学が証明できるものは相関関係だけだと脳科学者の池谷裕二さんは言います。ワクチン接種が引き金になったとしても因果関係は証明しにくいので、ほとんどが認定されないのではないかと言います。

初めての遺伝子ワクチン

新型コロナワクチンは遺伝子を体の中に入れる初めての試みです。今までのワクチンはウイルスを弱くしたり成分の一部を入れたりと、毒性を弱めたり、不活性化したものでした。RNAは消えるというものの動物実験だけです。効果を得るためにRNAがすぐ消えないように添加物を入れているのではないかとも言われています。遺伝子が体に組み込まれてしまう可能性もないとはいえません。短期間で承認、接種されているだけにデータが少なく、先々への影響は分かりません。そもそも人間の体の構成はウイルス由来のものが1/3以上を占めており、体の中には3000兆ものウイルスがあると言われています。ウイルスは共存すべき存在で、最近増えている自己免疫疾患は予防接種の影響があるのではと話されました。

子ども、若い人への接種は慎重に

長期的に考えるとこの新型コロナワクチンは何が起きるかわからないので、子どもたち、若い人たちは絶対に接種しない方がいいと山田先生は話されました。10年20年先の安全性は確保されていません。ワクチンの有効性とリスクを考えるにしても、はっきりとしたデータが少ないのです。十分な時間をかけてある程度のデータが出てきた時点でワクチン接種を始めるべきだ、ワクチン行政自体を考えていく必要があるとされました。特に子どもたち、若い人たちは将来への影響を考えて、新型コロナワクチン接種について慎重に判断してほしいと考えています。