松代象山地下壕を見学-戦争の遺跡から平和を考える

長野市にある松代大本営地下壕は、舞鶴山(まいづるやま)(現気象庁松代地震観測所)を中心にして,皆神山(みなかみやま)、象山(ぞうざん)に碁盤の目のように掘られていて、10キロにも及びます。第二次世界大戦の末期に、本土決戦に備えて、極秘のうちに、大本営、政府の各省庁などをこの地に移す計画で、1944年11月11日から1945年8月15日の終戦の日まで、約9か月の間に、突貫工事で作られ全工程の8割方が完成していました。この工事には労働者として、6000人もの朝鮮や日本の人々が強制的に動員されたと言われています。極秘ですから地元の人々にも説明はなく、立ち退かせました。また、慰安所もあったそうです。掘って出たずり(岩石や土砂)は、東京の戦後復興や、厚木基地、三沢基地の整備に使われたそうです。

今回この中で公開されている象山地下壕を見学しました。総延長5853.6mの内、見学できるのは西条口から500mです。ヘルメットを着けて、当時の状態のまま保存されている様子を見てきました。岩に残る削岩用ロッド跡や天盤に水平を図った測点、ずりを運んだトロッコの枕木跡もありました。食糧事情も悪く、工法も旧式な人海戦術での作業は相当大変だったことが想像されます。この豪は1989年から貴重な戦争遺跡として公開されています。隣接して、民間の歴史館があり、工事の資料や道具、三角兵舎の模型、様々な資料があり,説明もしてもらい、より理解が深まりました。

舞鶴山には、地下豪の他に当時からすると立派な鉄筋コンクリート造りの半地下の建物が山裾にあります。現在は気象庁松代地震観測所として無人の観測を行っていますが、ここには天皇御座所予定地があり、窓越しに見学できました。

このような戦争の遺構は、愚かな戦争を二度としないために、平和を語り継いでいくためにも、後世に残していく必要があります。

ロシアによるウクライナ侵攻が始まり、思いもよらない現実を目の当たりにしています。平和が一番、当たり前の毎日が送れることがどれだけ幸せか、改めて平和について考える時間になりました。地域から、平和への取り組みを提案していきます。

象山地下壕の入り口

豪の中

天皇御座所